エイジングケアは化粧品選びが大切|いつまでも若々しくいる秘訣

自宅でケアする

スキンケア

美容クリニックでできる治療

美容整形で糸を使う方法とは、コラーゲンや血管を再生する働きがある特殊な糸を埋め込み、ほうれい線を消す最新リフトアップ術です。糸はやがて体内に吸収されてなくなりますが、一度造成されたコラーゲンは長期間持続します。注射器を使う方法にはヒアルロン酸があります。ヒアルロン酸は化粧水などにも使われているお馴染みの保湿成分です。わずか5分ほどでできる手軽なほうれい線を消す治療です。サマークールCRTなどマシンを使ったほうれい線除去治療もあります。サマークールは三ヵ月くらいかけて徐々にハリが現れてくるので、周りに気づかれずにリフトアップができます。しかし、永久的な効果はないので定期的に足を運ぶ必要があります。お金がない、時間がないといった人は自宅でしっかりとケアをすると良いでしょう。

自分でほうれい線を消すには

ほうれい線は老け顔の特徴ですが、自分で努力することである程度は目立たなくできます。ほうれい線ができる原因には、表情筋の低下や、肌のハリの低下などがあります。そのため、日常的に表情筋を鍛えること、肌の保湿を心がけることで、ほうれい線消しに効果があります。口にはさんで口周りの筋力や顔全体の表情筋を鍛えるエクササイズグッズが売られています。一日5分ほどするだけでよく、テレビを見ながら、スマホを見ながらでもできます。また、肌の保湿では角質層まで届く成分の化粧水や美容液が効果があります。お勧めの成分がセラミドです。セラミド配合の化粧水で保湿を心がけ、乾燥を防ぐことでほうれい線をある程度消すことができます。年齢を重ねることによってセラミドは失われていくので、セラミド配合の化粧水を用いて補充してあげると良いでしょう。