エイジングケアは化粧品選びが大切|いつまでも若々しくいる秘訣

肌を若返らせる

女性

保湿は洗顔から始まっている

保湿効果を得ることが出来る化粧品にジェルがあり、保湿ジェルの効果を高めるためにも洗顔には注意を払いましょう。肌には天然の保護作用を持っている皮脂やNMF、細胞間脂質などが存在しています。高い洗浄力の洗顔料を使ったり、ゴシゴシ洗いや熱いお湯での洗顔をしてしまうと、この天然の保護物質を洗い流してしまいます。せっかく肌を守っている物質を洗い流してしまうと、肌が乾燥しやすくなってしまうので、汚れだけを落とす適度な洗顔料を用いて優しく洗顔するのが大切です。その上で保湿化粧品などを用いて乾燥を防いで肌に潤いを与えてあげると、天然の保護成分をサポートしながら保湿をすることができます。

保湿ジェルでエイジングケア

シミやしわ、たるみなどは年齢肌の定番の悩みでもあります。これらを改善するのには、まずは保湿をしっかりと行なうのが鉄則です。保湿ジェルにはエイジングケア向けのタイプもたくさんあり、基本のコラーゲンやヒアルロン酸を始めとする保湿力の高い成分が配合されています。また、年齢的に衰えてきた肌の機能をサポートする成分も入っているので、効果的にエイジングケアすることが可能なのです。その代表的なものがEGFやプラセンタです。EGFには表皮のターンオーバーを促進する働きがあり、シミやしわ、たるみなどの改善に大きく役立ちます。プラセンタには真皮のコラーゲンを増やしたり、美白や保湿などの様々な肌の悩みに幅広く効果があるという特性を持っています。

重要な基礎化粧品選び

50代になってくると様々な肌トラブルが生まれます。ですが基礎化粧品の配合成分などを見極めてしっかり選ぶと悩みも解消していくでしょう。コラーゲンを強化してくれるビタミンC配合の基礎化粧品などお勧めです。

深層部に潤いを

化粧水や美容液を使っても効果がない場合、肌の土台から整える必要があります。その場合、プレ化粧水を使用すると良いでしょう。プレ化粧水であれば肌の深層部にまで届き、高い効果を得ることが可能です。

自宅でケアする

美容整形でほうれい線を消す手術を受けたい場合、糸を使う方法、メスを使う方法、注射を使う方法、マシンを使う方法など様々な種類があります。効果を持続させる他、通う時間がないという場合はセラミド配合の化粧水を使用しましょう。